hana*cafe

楽しいこと・好きなこと・からだにイイこと・日々の備忘録

カメラを向ける事と画像投稿のあり方とは

f:id:hana0015:20180811082155j:plain

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

こんなニュースが目に留まりました。

狂ってますよね。呆れます。

 

駅員さんが ”強い口調で注意した” と、

書いてありますが当然です。

 

それが人として普通に、咄嗟に出てしまう行動だと思います。

 

轢かれた人や救助する様子を、笑いながら撮影する神経が理解出来ません。

 

 

SNSでは、

何でもアリみたいな風潮が目に付きますが、

 

災害時などは、

リアルタイムで情報を得ることが出来て、

とても有難いツールでもあります。

 

しかし、この件のように

恐らくSNSに投稿の目的で撮影していたのでしょうから度を越すと、

非常識この上ない迷惑となります。

 

された側にとったら・・・まぁ、電車に飛び込む方もいけませんけどね、

それを笑いながら撮影するって 

もう本当に悲しくなります。

 

 

 

 このケースとは別物になりますが、日ごろからとっても気になっているのは、

 

芸能人のブログなどで、我が子の写真を載せるの大丈夫なのかな・・・って

こちらが心配になってしまうんですよね。

 

それをビジネスにしているから仕方が無いと言う事で、片づけていいのかなって。

 

 

Twitterでも、平気で自撮りをアップしているのを見ると恐ろしくなって来ます。

 

自分がいいんだからいいんだろうけれど、

せめて子供の写真は やめた方がいいですよね。

 

 

どこで、どんな悪用をされるかを考えるのが肝要です。

 

他人や知り合いの赤ちゃんとかを載せるって、有得ませんね。

 

女児のみならず、男児もいけません。

 

 

 

それからモザイク処理など一切せずに、自分以外に写っている

他人の画像を安易に載せることも、気をつけなければいけません。

 

 

私自身、こんなBBAであっても

自分の意図しないところからネットに写真が出回るのは嫌です。

 

それは半永久的に、失くす事が出来ないからです。

 

どう責任をとってくれるのでしょうかね。

 

と、そう言う事になるんですよ。

肖像権の問題ね。絡んで来ますから。

慎重に世に流すことが第一。

 

 

 

それにしても、

何だか悲しいニュースですよね。

ちょっとピックアップしてみました。

 

 

 hana