hana*cafe

楽しいこと・好きなこと・からだにイイこと・日々の備忘録

予定変更で台風21号に備えました

 

 

hana00015.hatenadiary.com

 

 

今回は、続きになります。

面白くないので、スル―で結構で~す(^▽^;)

 

 

八ヶ岳一日目の夜は、早々に眠ってしまいました。

涼しくて 静かで

鹿が遠くで鳴いているのが聴こえる・・・

そんな夜でした。

 

 

2時間ほどして目が覚めました。

 

苦しい、、、( ノД`)

 

湿度の高い状態で、カビがルンルンしているようです!!

ちょっと心配していたんですよね。やはりダメだった、、。

 

 

家中がカビ!

カビなんです。

 

仕方がありません、たまにしか開けないのですから。

大木に覆われて

夏は 避暑地

そう、涼しいと言う事は日が当たりません。

そう言う場所なんだから しょうがないんです。

 

分かってはいるんです。恩恵を受けて保養させてもらっているのですから。

 

しかし、苦しくて呼吸がしずらくなって そのうち

喘息のような症状になり、胸が痛くて

眠るなんてのは先ず出来ませんので

 

新鮮な空気を下さい!!!! 

となる訳なのです。

横浜の重たく汚れた空気から逃れて、山へ来たはずなんだけどね・・。

 

肺や気管支にカビが生えたらどうしよう?? そんな気分です。

一方では、ガーゴーガーゴー 気持ち良さそうに高いびき。

いいなぁ、こうなりたいものだわ。

 

 

お茶を淹れました。本を一冊読めました。持って来て良かった。

 

 

トイレに起きた旦那さんはビックリして

「台風も来てるし、無理せず明日帰ろう。」

 そう、言って私をなだめました。ありがとう、そして軟弱な私でゴメンナサイ。

 すかさず、マスク持参で行ったのでマスクをして何とか眠りにつきました。

 

 

翌朝7時起床、そして掃除してベランダの物を中にしまい山荘を後にしました。

天気は悉く悪いです。怖いくらい。

知らない土地で、台風がどんな事になるのかなど分からないので、帰る事にして良かったのだと思いました。

 

中央道の長坂インターから高速に乗りましたが、甲府辺りが一番雨がヤバかった!!

盆地だからか雲海状態だったのでしょうね、ワイパーが壊れるかと思いました。全く効かないのです。


f:id:hana0015:20180905201706j:image

 

箱根経由で帰ろうと言う事で、富士吉田~御殿場~と言うコースで帰りました。

富士山は雨も少なく難なく通過でしたが、あと数時間、遅かったら酷い雨だったようです。

 

 

そして、御殿場から箱根へ。
f:id:hana0015:20180905201854j:image

 

 

箱根は神奈川と言う事もあり、何だか急にホッとした。。。

晴れ間も出てました。
f:id:hana0015:20180905201915j:image

 

 いつもの温泉施設で冷えた身体を温めました。

気管支も楽になり癒されました。

 

人は少なく、貸し切り状態。

連日の寝不足で大広間では爆睡の私でしたが、早めに箱根の山を下りる事にしました。

 
f:id:hana0015:20180905202030j:image

 

 

国道134号の湘南海岸線。七里ガ浜の海も荒れていました。

信号待ちの度に、暴風で車体が大きく揺れて怖かった!
f:id:hana0015:20180905202108j:image

 


f:id:hana0015:20180905202136j:image

 

 

 

「なんだか、毎年この時期に八ヶ岳へ行くと、こんな感じだね。」

 

そう旦那さんから言われて ハッとしました。

 

でもね、蕎麦の花も見たいし

何より、私の誕生日を八ヶ岳で祝いたいからこそ計画するのですが、

秋雨や台風の時期に、当たってしまうんですよね。

 

今回の八ヶ岳では、一番のお目当ての「アフガン」のカレーを食すと言う目的が達成できたし、蕎麦の花を見る事が出来たので何よりでした。

 

 

2日目の4日火曜日は、本当ならば湯治予定でしたが

そんな事で予定を変更し、一日早く帰路に着きました。

自宅も心配だったので それで良かったと思いました。

 

そして、テレビをつけて目にした台風の被害に驚くばかり。

 

台風21号は、関西方面で甚大な被害を出す事となったのでした。

心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早く状況が改善されますよう

ただただ願うばかりです。

 

 

 

 

尚、この連休最終日の今日のレポは

明日、アップさせて頂きます。

 

お付き合い頂きまして、ありがとうございました。

 

hana