hana*cafe

楽しいこと・好きなこと・からだにイイこと・日々の備忘録

オレンジページ付録:花の手帳が10冊になりました。

 

f:id:hana0015:20180715113528j:plain

 

お題「手帳」

 

 

今日は「手帳」について、書かせて頂こうと思います。


 

女子なら、「手帳」は特別な物ですよね。

毎年9月頃になると、来年の手帳が売り出され

それだけで、ウキウキして来ちゃいます。

 

 

「手帳」は、ある意味、日記のような存在で

誰とどこへ行った とか 何を食べた とか

その時に心情なども、事細かに記してあって

とてもリアルに、思い出として残りますね。

 

色を変えたり、プリクラを貼ったり(#^.^#)

 

 

年賀状と同様に、スマホのアプリで紙面として残らない時代かもしれませんが

まだまだ手書きで「手帳」を使っていらっしゃる方は、

案外、多いのではないでしょうか。

 

 

こちらは私の「手帳」です。 

お料理雑誌の オレンジページ

毎年11月になると 付録で花の手帳が付いて来るのですが

それが楽しみで、丁度10年目になります。

 

シンプルで薄く、サブ的にも使えるので とても重宝なのです。

 

f:id:hana0015:20180721224426j:plain

 

 

10年目? 9冊しかないけど?

 

一冊、足りないよ?

  

そうなんです。

  

実は、2011年の手帳が無いんです。

  

 

本当だったら、旦那さんと出会った年の手帳なのだから

大切に取っておきたいところ、どうしても手元に置いておけずに。

 

 

東日本大震災のあった2011年。

 

あまりにリアルな思い出で埋めたくない!

そんな風に思っていました。

 

ある日、悲しくて悲しくて

止まない余震が怖くて怖くて

3月のページを思わず、発作的に破いてしまったのでした。

 

お花さん、ごめんなさい😢

 

 

当時は、暫く笑う事すら出来なかったですから

恐怖心と不安でいっぱいだったのです。

 

それ以降は別の手帳を用意し、まっさらな状態から

書き直したのでした。

 

人の記憶も、そんなして

まっさらなページから書き直せたら どんなにかいいでしょう。

 

 

目をつぶらず、真正面から現実を見たら良かったのかもしれません。

しかし、あの時はどうしても

それが出来なかった私なのでした。

 

 

「こんな状態なのに、仕事している場合じゃないよね??」

と、夜勤中に同僚と話して居た事は、鮮明に憶えています。

 

 

 そんな事で、私の「手帳」は毎年おなじみさんのお気に入り。

 

いろんな事があった10年でしたが、

今年も11月の付録が楽しみです😊

どんなお花が使われているかなぁ。

 

 明るく元気良く行こう!